6月の最初の金曜日です。コモドの5月出来事のまとめです。 過去30日間に多くのことが起こったので、5月のすべての進捗を見てみましょう!

グローバル市場のセンチメント

先月のレポートで述べたように、世界市場は依然として急速に回復しています。 しかし、これは多くの人に問題があります。 失業率の上昇、COVID-19の制限、世界中での抗議にもかかわらず、株価と暗号通貨の両方の価格が上昇し続けています。

たとえば、ダウジョーンズインデックスは3か月未満で45%上昇しました。これは、ダウジョーンズの取引が始まって以来見られなかったものです。 多くのアナリストは、現在の市場状況を1987年のダウジョーンズの下落と比較し、これが株式市場に参入する特別チャンスであると信じています。 彼らが正しいかどうかはわからない、時間は教えてくれます。

ビットコインが$ 10,000に当たる

ビットコインは三ヶ月以上に初めて10,000ドルを突破しました。残念ながら、それは価格を$ 10,000以上に保つことができず、すぐに再び下回りました。

しかし、暗号コミュニティに希望を与えます:ビットコインはストックに似てます。 100兆米ドル、コンテンツ作成者は、ビットコインの信者を陶酔に陥らせた赤い点を示すチャートをTwitterに投稿していました。

しかし、これらの色付きのドットは実際にはどういう意味ですか?

その背後にある単純なロジックがあります。ビットコインの価格は対数で表示されます。対数目盛(または対数目盛)は、数値データを非常に広い範囲の値にわたってコンパクトに表示する方法です。通常、データの最大数は、最小数の数百倍または数千倍です。

ポイントはビットコインの価格に追加され、元のビットコインが半減するまでの残り月数をさまざまな色で示します。

過去には、これは赤い点がビットコインが強気市場に参入していることを示す状況につながりました。

Polkadotネットワークが稼働

イーサリアムの共同創設者であり、Solidityスマートコントラクトプログラミング言語の作者の1人であるGavin Woodによって2017年に共同設立されたPolkadot Networkは、数年にわたって開発されています。

現在、2020年5月27日の時点で、Polkadotのメインネットが稼働しています。これは、パブリックブロックチェーンネットワークの完全な立ち上げに向けた最初のステップです。ただし、2017年10月にICOに投資した人は、Polkadotブロックチェーンの通貨であるDOTコインをまだ利用できません。コインは、本格的な発売の将来のフェーズに投資した人にリリースされます。

そのウェブサイトによると、Polkadotネットワークは「ブロックチェーンネットワークが隙間なく連携して動作できるようにするシャードプロトコル」です。そのため、多くの人々がPolkadotを相互運用性プロジェクトと呼んでいます。その目的は、違うブロックチェーン間のブリッジを構築することです。同時に、Polkadotは、スマートコントラクトまたは分散アプリケーション(DApp)の構築を望むサードパーティのプロジェクトにソブリンのアプリケーション固有のブロックチェーンを提供することも考えてるため、マルチチェーンプラットフォームと見なすことができます。これは、Substrateフレームワーク(KomodoのAntaraフレームワークに似ています)で可能になりました。

コモドチームは、この重要なマイルストーンに到達したPolkadotチームにおめでとう言葉を伝えたいです。 Polkadotと同様に、Komodoチームは、マルチチェーンプラットフォームアーキテクチャがブロックチェーンテクノロジーの成長と採用にとって最も実行可能な設計であると信じています。コモドチームはまた、2017年1月にコモドメインネットが稼働したときにコモドが開拓したマルチチェーンをたどることを非常に嬉しく思います。

DeFi

DeFi-Decentralized Financeは、デジタル金融サービス(理論的には信頼なしでも行ける)を可能にするブロックチェーンの中で特定のエコシステムを指します。 通常、Ethereumブロックチェーンに基づいて、特に金融セクター向けに設計された分散アプリケーション(DApp)。

これらのDAppの主な特徴は、必要に応じてプログラムできることです。 レゴキットのように、さまざまなモジュールを組み合わせることができます。 DAppがブロックチェーンに実装されるとすぐに、その設計に応じて、独立して分散型で実行されます。

DeFiはまだ初期段階です。 DeFiが直面している既知の技術的な問題以外にも、採用を困難にする多くの問題があります。

Cointelegraphで発行された「主要なDeFiエコシステムの問題、説明」というタイトルの記事は、DeFiが直面する多くの問題について説明していました。

「関連するリスクを超えて、これらのプラットフォームのユーザー体験に影響を与える特定の問題が存続します。 これらには、過剰担保、一元化、流動性の低下、ブロックチェーン間の相互運用性の低下などが含まれます。 DeFi業界のもう1つ問題は、「分散型ファイナンス」が本来のように分散化されていない場合があることです。」

イーサリアムのDeFiの制限について詳しくは、こちらのコインテレグラフの記事全文をご覧ください。

DeFi Pulseは、DeFiエコシステムの概要について提供しています。 Webサイトでは、投資額に従いDAppのランキングも提供しています。

 

開発アップデート

Komodo v0.6.0がまもなく登場

コモドの4回目の年次公証人選挙は2020年5月4日に終了しました。コモドチームは、公証人ノードの運営権利を獲得したすべてのオペレーターを祝福し、歓迎したいと思います。

これらの新しい公証人ノードオペレーターを正式にネットワークに導入するために、バージョン0.6.0へのKomodoデーモンへのアップグレードが2020年6月14日、ブロックの高さ1,922,000でアクティブされる予定です。 アップグレードは、すべてのマイナー、取引所、ウォレットプロバイダー、およびフルノードを実行している人にとって必須です。 6月14日までに更新してください。

詳しくはこちら

AtomicDEX API

AtomicDEX開発者のSergey Boykoが、AtomicDEX APIへの重要な貢献を完了しました。 Sergeyのおかげで、Prometheusの統合を備えた新しい重要なデータ収集機能が利用できるようになりました。 Grafanaと組み合わせると、豊かなデータトラフィックの視覚化が可能になります。

詳しくはこちら

AtomicDEXモバイル

AtomicDEX開発チームは、AtomicDEXモバイル用のバージョン0.2.16をリリースしました。 新しいバージョンには、DEXコアの変更、アプリ起動時の情報、MM2検証、新しいコインの上場などが含まれています。 また、AtomicDEXで最も要求される機能のオーダーブックも含まれています。

これで、買い手と売り手側のオーダーブックが表示されます。

また、以下の変更があります。

$XZC、$ ZERの取引ペアを追加

VOTE2020コインを削除

さまざまな修正と改善

AtomicDEXコアの更新

IOSバージョンをダウンロードする

アンドロイドバージョンをダウンロードする

AtomicDEX PRO

AtomicDEX モバイルリリースを除いて、Komodo開発者はAtomicDEX-PROバージョン0.1.3をリリースしました。 新しいバージョンには、多くの機能と修正が含まれています。

コミュニティで新しいバージョンをテストしてフィードバックを提供してください!

詳しくはこちら

 

コミュニティとエコシステム

コモドコミュニティとコモドエコシステムで起こった事は多いです。 すべての重要なことをまとめました。

AtomicDEX機能リクエスト調査

Komodoチームは、AtomicDEX、特にベースウォレットとDEX機能の開発に取り組んでいます。 将来の機能開発に関して確定的な決定はまだ行ってないです。

コモドマーケティングチームは、考えられる機能を精査し、現時点で市場のニーズを調査しています。 ユーザーの一番欲しい製品を作りたいです。

そのため、仮想通貨ウォレット製品で最も価値があるものを教えてください。 最大の需要がある機能を優先順位で実装する事にします。

考え方とアイデアをコモドチームと共有してください

AtomicDEX機能の調査を完了してください

コモド大使John Robinsonのインタビュー

コモドのマーケティングマネージャーであるAudo Kowitzは、4月に東京を訪問していたときにJohnと会うことができました。 彼らはこの機会をつかみ、短いインタビューをしました。

https://community.komodoplatform.com/post/5eb13823aa99054b832a6af6

コモドのビットコインピザデーキャンペーン

Bitcoin Pizza Dayタグキャンペーンにピザの写真をいくつか提出しました。 すべての写真を収集してまとめていました。 

詳しくはこちら

I2P統合

DreamTimは、DraethとLootzが始めた募金活動についての投稿を作成しました。 目標は、I2PをKomodoに統合することです。これにより、すべてのエコシステムプロジェクトでもI2Pを利用できるようになります。

寄付0.8 BTCを目指しています。

AtomicDEXオーダーブック

Myloは、AtomicDEXオーダーブックを閲覧するためのWebサイトを開発しています。 これは、Webコミュニティを対象とした製品になるようにします。

ウェブサイトにアクセスし、ここでデモをチェックしてください。

AtomicDEX Twitterアカウント

より強力なAtomicDEXコミュニティを構築するために、新しいAtomicDEX Twitterアカウントを作成しました。今後、新しいバージョンの更新、プロジェクトリスト、およびバグ修正についてツイートします。 AtomicDEX Twitterアカウントをフォローして、最新情報を追ってください。

ChangeNOW AMA

コモドチームはChangeNOW TelegramグループのAMAに招待されました。参加していなかった場合は、AMAの概要をこちらでご覧下さい。

Shurli(サブアトミックスワップ)

サブアトミックGoプロジェクトの名前が変更されました。 これからは「シュリー」と呼びます。 コモドの開発者であるSatinder Grewalは先月、大きな進歩を遂げました。 オーダーブックページのリストクエリに表示するオーダーの数を選択できるようになりました。 さらに、有効期限やその他の条件に基づいて、オーダーブックで結果を整理できるようになりました。 コモド開発者Satinder Grewalが、すべての改善点を紹介する動画をアップロードしました。

Satinderは、この数週間に何が起こったかについての素晴らしい開発の更新を投稿しました。

詳しくはこちら

Verusインタビュー

CryptoRichは、Verus Coinの開発リーダーMichael Toutonghiにインタビューし、プライバシーを保護する方法でVRSCをCOVID-19の連絡先追跡に使用する方法と、独自の暗号通貨を作成できるVerus Coinのテストネットについて話しました。

詳しくはこちら

PirateChain

I2P統合

PirateChainチームは、コモドエコシステム全体で利用できるI2P統合に取り組み始めました。 これまでに合計0.25 BTCが調達されました。 これは開発の全費用をカバーしていないため、PirateChainチームは引き続き寄付を求めています。

PirateChainモバイルウォレット

スカルアイランド

PirateChainは、世界初のZ to Zのモバイルウォレット、スカルアイランドと呼ばれるパブリックベータ版をリリースしました。 SailorとDreamTimは、コミュニティポータルでそれについて書いていました。 Kaksは、Ghostship OSで秘密鍵をエクスポートする方法についての説明ビデオを公開しました。

詳しくはこちら

HUSH

HUSHの新しいHushChatがアルファ版テストを終了しました。 HushChatは、SilentDragonウォレット上のエンドツーエンドの暗号化されたz2zメッセージプラットフォームです。 HUSHはまもなくユーザー向けにリリースします。

Z2Zmessenger:

 

メディアの言及

コモドCTOのKadan Stadelmannが、Untold StoriesのCharlie Shremと素晴らしいインタビューに参加しました。 彼らは、政府や他の情報源からもたらされるこれらの信念について議論します。 さらに、Kadanは彼の過去と背景、およびサイバースペースでどのように成長してきたかについて語り、スマートチェーン、マルチチェーン、およびシングルチェーンの違いを説明しながらコモドのビジョンを説明します。

ここでポッドキャストを聞いてください。

https://blockworksgroup.io/untold-stories-podcast/kadan-stadelmann

コモドx DIVI仮想ポッドキャスト

コモドの最高技術責任者であるKadan ‘ca333’ は、DIVIのCIOであるNick Saponaroとの素晴らしいインタビューに参加してました。 彼らは、DEXテクノロジーとアトミックスワップに関するコモドのテクノロジー、コモドの開発歴史、およびブロックチェーン市場の将来について議論しました。

詳しくはこちら

トルコでのコモド

トルコ最大のコインニュースウェブサイトの1つが、「なぜコモドなのか」というコモドに関する記事を公開しました。 B.GültekinÇetiner教授にインタビューしてくれたことに感謝します。

記事はトルコ語ですが、Google翻訳の機能を使えてください。

詳しくはこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コモドの2020年5月のレポートは以上です。 

ご覧下さってありがとうございます。

お大事に