一週間を送りました!まとめ時間になっております。 今週、Ethereumの創設者であるVitalik ButerinがTwitterでAtomicDEXに注目し、KomodoのCTOであるKadan StadelmannがCryptographic AssetのJustin O'Connellとポッドキャストに参加しました。 詳細は以下をご覧ください。

火曜日に、イーサリアムの創設者であるVitalikは、ビットコインとイーサの間で取引する分散型の方法を求めたとき、クリプトツイッターに話題になりました:

「私たちは適切な(信頼必要なし、サーバーレス、最大限にユニスワップのようなUX)ETH <-> BTC分散型取引所にリソースを投入する必要があります。 それでも、2つの最大の暗号通貨を信頼必要ない方法で簡単に変換できないのは恥ずかしいことです。」

もちろん、コモドはビットコインプロトコルのコインとERC-20トークンを数年前に交換することを可能にしました。 これは、コモドのアトミックスワップテクノロジーの最初のGUI製品であるBarterDEXを介して可能になりました。

コモドはこの事実をVitalikに指摘し、Vitalikはすぐに興味を持って技術の詳細を調べました。 Twitterでの会話はこちらからご覧下さい。

Vitalikのツイートに関するThe Daily Hodlの記事は、既存のソリューションとしてコモドのAtomicDEXを引用しています。

「仮想界隈の全体開発者は、要求を解決する基本的なインフラストラクチャを作成するために、いくつの異なるプラットフォームが構築されているかを強調しています。Komodoのチームは、モバイルフレンドリーなアトミックスワップを利用したDEXであるAtomicDEXを指しています。 2つの暗号通貨を効果的に交換できます。」

ここで記事全体を読むことができます。

今週、コモドCTOのKadan Stadelmannが、Forbes Magazineの寄稿者であり、Cryptographic Assetの創設者であるJustin O'Connellとポッドキャストに参加しました。

「このステーブルコインモジュールは、コモド全体モジュールの1つです」とKadan氏は言います。「Komodoは、いわゆるマルチプラットフォーム上に構築されたマルチチェーンプラットフォームです。プラットフォームに、ファースト、サードパーティはチェーンを起動できるだけでなく、文字通り完全にカスタマイズして、チェーンを構成できます。これが、組立プラットフォームと呼ばれる理由でもあります。組立スマートチェーンは、この機能から誕生します。」

ここでポッドキャスト全体を聴くことができます。

コモドは今週、2つの新しい記事でBlockchain Fundamentalsコンテンツシリーズを続けました。

この最初の記事は、ブロックチェーンベースのサプライチェーン管理ソリューションについてです。 これは、レガシー管理システムのさまざまな非効率性について説明し、幅広い業界のサプライチェーンを改善するためにブロックチェーンテクノロジーがどのように適用されているかを探ります。 最後に、ブロックチェーンベースのサプライチェーン管理に取り組んでいる著名なプロジェクトについて検討します。

こちらの記事全体をお読みください。

2番目の記事は、Web 3.0としても知られている分散インターネットに関するものです。 この記事では、分散型インターネットが集中型インターネットの現状にどのように挑戦しているかを調べ、P2Pプロトコルとアプリが分散型インターネットの成長に不可欠な役割を果たしている方法を探ります。 最後に、この記事では、既存のWebを分散化することの実現可能性について検討します。

こちらの記事全体をお読みください。

------------------------------------------------------------------------------------------------

以上です。 COVID-19のパンデミックの中、皆様の健康を祈っています。 

素晴らしい週末をお過ごしください。Stay safe!